わたしペース

はは兼ウェブライターの平和な毎日をつづります。

甘えたい3歳児の本音

夜寝る前にトイレに座った息子がなんだか寂しそうな顔。

はは「どうしたの?」

息子「おかあさんのこと大好きなのに、もっと(両手を広げて)こうしてぎゅーして欲しいのに全然してくれない」

 

なんてこと!!

 

わたしは自他共に認める甘やかしおかあさんだし、抱っこも人一倍しているつもりだったけれど足りてなかったとは!!

 

はは「ごめんね!!!おかあさんも息子ちゃんが大好きだよ!!ぎゅうぅぅー!!」

息子「さむしかったの」

 

そうかそうか

さむしかったか

 

そういえば以前、子供の心はザルのようだから、愛情表現はしてもしても

溜まっていくことはないって聞いた。

 

もっともっと大好き

愛してるよー!!って言って抱きしめてあげよう。

 

さっき実家の母にこの話をメールしたら

「客観的に見てたらぎゅーとかしすぎなくらいに見えるのにね」

だよね!

でも足りないのよ。

それを言葉にできる子でよかった。

言われなかったら絶対気づかなかったと思う。